bitcoinsbi

仮想通貨ビットコインを始めるなら住信SBIネット銀行がおすすめ!

2017年に続き、2020年後半は仮想通貨の第二のバブル期の予感を感じさせるこの頃です。

今から仮想通貨を始めてみたい方に伝えたいのは、

必ずネット銀行にしましょう。中でも住信SBIネット銀行なら万能で安心です。

その理由を今回は解説したいと思います。

仮想通貨ビットコインを始めるなら住信SBIネット銀行がおすすめ!

住信SBIネット銀行をおすすめする理由

ビットコイン入手までの流れを把握しないとメリットを理解できないと思いますので、図解しますね。

  1. ネット銀行に入金
  2. ネット銀行から取引所に送金
  3. 取引所で買付

この3段階の流れとなります。

 

もちろん、ビットコイン保有者から直接もらうなどもできますが、ここでは例外なので割愛します。

 

このビットコインを買い付ける際、手数料が発生します。

当ブログでは再三にわたり説明していますが、

手数料が高い=リターンが減る
ですから、手数料を可能な限り低く抑えることが、
投資効率、リターンに直結しますので重要視してくださいね。
ネット銀行は基本的にどこでも無料だと思いがちですが、
ビットコインを入手する場合、住信SBIネット銀行が圧倒的に有利です。
というのも、
多くの取引所が住信SBIネット銀行と提携しているから。
アプリを開けば、検索せずとも
住信SBIネット銀行が出てくるので、数クリックのみで入出金が可能です。

ビットフライヤーの場合

bitflylersbi

 

コインチェックの場合

coinchecksbi

このように各社取引所側で、住信SBIネット銀行がすぐに探せる状況にあり、住信SBIネット銀行を解説しておくと便利なのでおすすめです。

住信SBIネット銀行で取引所の口座登録すればあとは2度目からは楽ちん♪

一方、住信SBIネット銀行側でも、取引所への送金する際、

口座登録をすましておくと次回は入力せずにすみます。

 

  • 取引所側の自分の口座
  • 住信SBIネット銀行の自分の口座

複数の取引所があっても、登録するのはこの2つのくくりだけ。

 

住信SBIネット銀行は利用者側のランクによって、他行宛てへの振込手数料の無料回数が変わってきます。できるだけランクを上位にして無料回数の枠を広げておくとコスト面で有利です。

住信SBIネット銀行スマプロランクについて

スマプロランクは、月ごとのお客さまの商品・サービスのご利用状況により自動的に判定され、ランク1~ランク4までの4段階のいずれかが適用されます。当月に適用となるランクは、前々月の利用状況が判定基準となり、ランクに応じてATM・振込の手数料無料回数が決まります。適用ランクや無料回数はランク情報ページから確認できます。
住信SBIネット銀行公式サイトより

ランクごとの無料回数は以下のとおりです。

ランクATM手数料無料振込手数料無料
月15回月15回
月7回月7回
月5回月3回
月2回月1回

ランクが上がるほど、ATM利用および振込手数料の無料回数が増えることがわかりますね。

仮想通貨取引所へ送金する場合は、振込手数料がかかるため、この無料回数が多いほど、有利です。

複数の取引所へ頻繁に送金をすることが多い方はなおのこと、住信SBIネット銀行にした方がよいと言えるでしょう。

住信SBIネット銀行がおすすめな方

  • 取引所への送金回数が多い
  • 複数の取引所を使っている
  • 手数料で損をしたくない

ここを意識しているかどうかで、

すでに投資家として差がつきますので要注意です。

新規口座開設ならランク2からスタート!

住信SBIネット銀行なら、口座開設日の当月と翌月は「ランク2」からスタートとなります。

つまり

ランクATM手数料無料振込手数料無料

の状態から始められます。

その後は、口座開設の当月から6ヶ月までの基本ランクは「ランク2」以上となります。

詳しくは、公式サイトで確認しましょう。

 

なぜ住信SBIネット銀行を取引所が提携するのか?

 

これについては、確証あることはわからないですが、少なくとも他の銀行とSBIは違います。

大きく違うのが次の2点。

  • フィンテックに明るい企業文化と方針
  • 次世代の銀行の姿を追い求めている

このことが、地銀や他銀行とは、比べ物にならないくらいにひいでているからと個人的にはみていて、これは北尾代表の考え方を見聞きしていればわかります。

 

 

bitcoinsbi
最新情報をチェックしよう!
>